« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

写真甲子園本戦

2010_07_27_hat

インターネット中継で写真甲子園のファースト公開審査会を見ました。

出場している立場だとわからなかったことが見えてくるから不思議です。

しっかし、悔しいよなぁ~(笑)。

見てると自然と悔しさがよみがえってきます…それはわかっていたんだけど、やっぱり見ずにはいられません。

本戦出場を逃した奴らを納得させる写真をとってくれよな!

| | コメント (0)

技術講習会

2010_07_27_fukasho

顧問は、県の高校写真連盟の技術講習会(第1回)の

お手伝いに深谷商業に出かけてきました。

今日は、まず木パネルにラシャ紙を張る作業の実習から。

いやぁ、今の高校生ってカッターナイフ使えないんですね。

ビックリしました。危なっかしくて見てられませんでした。

紙を折って谷にナイフを入れてツーっと二つに切るなんて、

簡単だと思うんだけど、いやはや…(苦笑)

これって完全に経験の不足です。

真剣に身の危険と向き合ったことがないのでしょう。

「かわいい子には旅をさせろ」って言うじゃないですか。

そうやって自身の危機管理能力が薄れていくんですね…。

| | コメント (0)

フォトシネマアワード

2010_07_25_ginza01

連日の酷暑の中、部員の何名かは日大芸術学部のワークショップでスキルアップ(?)。

顧問も負けじと「フォトシネマアワード2010」に出かけてきました。

このイベントは、デジタルステージ社(「Nampoo-do」のサイト制作ソフトの会社)の「Life with PhotoCinema3」というソフトを使った作品のコンテストの入賞作品発表会と表彰式。

「シアター南風堂」に役立つヒントはないかと思いつつ、全部で11の作品を見ました。

家族の記録や自然、ドキュメントなどのさまざまな作品があって、中にはグッときたものもあり、クォリティーはそれなり高かったと思います。とくに桜の写真がうまかった。やっぱり写真がよくないとダメダメです。

これまで、いくつかのソフトを使ってスライドショーを作ってきて感じたのは、この手のソフトに必要なものは、制作する人を意図がどれだけ反映されるかということと、簡便さ。

この二つは相反する要素なんだけれども、制作者の意思が反映されないと誰が作っても同じような作品になってしまうわけだし、そこに至る作業が繁雑であれば、マニアックなソフトになってしまいます。難しいところですね。今回の作品のいくつかでエフェクトがかぶっていたし…。基本ソフトだけでは自由度が少ないのかな?

で、基本ソフトにそういう作者の意図を反映するためのプラグインソフト(別売)をそろえると、いつも使っているソフトの3倍近い金額になるっていうのはどうなんだろ?

アワード自体は挑戦しようっかな?とも思うんだけれど、それだけ投資して既存のソフトを凌駕できるかどうか…いささか悩むところでもあります。

| | コメント (0)

暑いけどワークショップ

2010_07_23_wash_02

1・2年生の選抜メンバーは海の日に続き、

日藝のワークショップに出かけて修業です。

明日もがんばれよ!

| | コメント (0)

海の日は。

Vsshibata

海の日は…。

池袋から豊島園行の電車に乗って…。

プール!

じゃなくて、日藝のオープンキャンパス。

そしたら…。

今年の写真甲子園東北ブロック代表の

山下先生率いる、

柴田農林高校のみなさんと遭遇。

一昨日から「東京合宿」だったそうです。

同じ日、こっちは代官山で音を上げていたのにね…(笑)。

やっぱり本戦出場校のテンションにはかないません。

そういや昨年は今頃、ウチも合宿してましたっけ。

今日の練馬は36度オーバー。

部員たちは、本格的な設備に目を丸くしながら

体験授業などに参加しながら

冷房の効いた教室で写真学生の気分を満喫してました。

| | コメント (2)

炎天下。

Daikanyama2010_07_17_02

梅雨が明けて…(汗)

ひさしぶりの撮影会…(暑)

よりによって炎天下…(熱)

気力も蒸発…(眩)

13:00…今日はもうおしまい!

ハービー・山口さんに会ったのが

せめてものおみやげ。

| | コメント (0)

誠意

Ogikubo20100704

自分の気持ちを相手にわかってもらうための努力こそが誠意。

人はそいつの誠意を確かめようとするのです。

世の中や人ってもんは、君が思うほど簡単ではないんだよ。

| | コメント (0)

今年もHomes-01を観てきました。

Img_4366

昨年に続いて、OG・小峰悠子さんが出演する舞台を見に行ってきました。

前回(第3回公演)は夏休み。今回は夏休み前で、部員は期末試験のまっただ中。

残念ながら応援には行けませんでした。

が!そこは「Homes-01」。

前回の公演がDVDになっていたので、すかざずGet!

試験が終わったらみんなで「シアター南風堂」の大スクリーンで観ることにします。

あ、第4回公演のDVDの予約し忘れたぁ。

前回同様、アメリカのTVドラマ風のつくりながらも、

なんと今回は小峰SPが、「BOSS」として大活躍。

天海祐希か、木の実ナナか、というぐらい気っぷのいい立ち回りでした。

部員に見せたかったなぁ(しみじみ)。

今度は写真部で貸し切り状態かも…なんか「芸術鑑賞会」的でいいかも。

| | コメント (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »