« 反省 | トップページ | 春の合宿in江ノ島 »

鳩ヶ谷高校写真部 校外展

Nigata

鳩ヶ谷高校写真部の校外展にでかけました。

銀塩モノクロだけの作品展。その徹底した姿勢はさすが。

色がない分、写真の本質が見えてきました。

いいところでシャッター切ってる写真が多くて、感心しきり。

我が部の諸君はそれに気づいていたのかなぁ?

「いまどきモノクロなんて…」と言って帰ったお客さんがいたと聞いて、思わずため息。

そんなモノクロの魅力がわからない人はとりあえず写真を語っちゃダメだよね。

時代とかそういう問題じゃないんだけどなぁ。

そもそもカラーかモノクロかっていう問題は、フィルムかデジタルかという問題とは別次元のお話。

そんな評論家風のおじさんに限ってご自身の写真がすごかった試しがないのは今も昔も同じこと。

よっぽど高校生の方がフットワークに長けているんじゃないかな?

「写真はフットワークだ」と言ったのは30年前の浅井慎平さん。

70歳を過ぎてなお、新鮮な感性が光るのはフットワークのなせる業か。

フィルムだ、デジタルだ、カラーだ、モノクロだ、ライカだ、ニコンだ、なんて方法論の前に、人に心に届くかどうかが最大の問題。

やっぱり肝心なのはフットワークとコミュニケーション能力だと思うんだけどなぁ。

|

« 反省 | トップページ | 春の合宿in江ノ島 »

今日の南風堂」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 反省 | トップページ | 春の合宿in江ノ島 »