« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

鳩ヶ谷高校写真部 校外展

Nigata

鳩ヶ谷高校写真部の校外展にでかけました。

銀塩モノクロだけの作品展。その徹底した姿勢はさすが。

色がない分、写真の本質が見えてきました。

いいところでシャッター切ってる写真が多くて、感心しきり。

我が部の諸君はそれに気づいていたのかなぁ?

「いまどきモノクロなんて…」と言って帰ったお客さんがいたと聞いて、思わずため息。

そんなモノクロの魅力がわからない人はとりあえず写真を語っちゃダメだよね。

時代とかそういう問題じゃないんだけどなぁ。

そもそもカラーかモノクロかっていう問題は、フィルムかデジタルかという問題とは別次元のお話。

そんな評論家風のおじさんに限ってご自身の写真がすごかった試しがないのは今も昔も同じこと。

よっぽど高校生の方がフットワークに長けているんじゃないかな?

「写真はフットワークだ」と言ったのは30年前の浅井慎平さん。

70歳を過ぎてなお、新鮮な感性が光るのはフットワークのなせる業か。

フィルムだ、デジタルだ、カラーだ、モノクロだ、ライカだ、ニコンだ、なんて方法論の前に、人に心に届くかどうかが最大の問題。

やっぱり肝心なのはフットワークとコミュニケーション能力だと思うんだけどなぁ。

| | コメント (0)

反省

「次はそうならないようにしたいと思います。」という反省の弁。
たぶん次も同じ状況を迎えるんでしょうね。

なぜって?

そうならないためにどうするのかを考えなけりゃ反省したことにならないでしょ。
それじゃ、小学生以下だよ。
反省というのは悔いることではないんだよ。もっともっと前向きな自問自答のはず。


Maki02


| | コメント (0)

「CP+」に行ってきました。

Cp_all

「日本カメラショー」が日本橋の高島屋でやってた時代の高校生(=私)が、イマドキの高校生たちと横浜まで「CP+」を見に行ってきました。今回は2年生が修学旅行中ということで、7人の1年生とイベントを堪能。

TVや雑誌などでおなじみの写真家さんたちが各社のブースでトークショーをやっていたりして、あっちもこっちって感じで目移りの連続。

こざわたいちさんがリコーでお話ししているかと思えば、ニコンでは中井精也さんが…。

その他、ところどころで、即、役に立つような話も聞くことができて、有意義な一日でした。

Cp_syako

「写真甲子園」のブースにはSAKAEが初登場!!

その隣には神奈川県の高文連写真専門部の写真展。

反対側でやっていた「御苗場」の(参加型)写真展と比べるとやっぱり高校生の写真がおとなしく見えるのは仕方ないのかな。

| | コメント (0)

四者四様

Img_9832_2

卒業式から2日が経った今日、クラブの三年生を送る会を開きました。

なんで卒業式のあとなの?って…それはちょっとした3年生へのペナルティ。(笑)

涙と笑いの約2時間。涙もろい新旧キャプテンのスピーチがグッときました。

やっぱりこの三送会は3年間がんばって走りきった人へのご褒美です。

「3年生のみなさん、お疲れ様でした。よくがんばりました!」

彼らの涙を見て、後輩たちの意識もかなり高まったのではないでしょうか。

とにかくこれですべてから解放された3年生。

明日から修学旅行でアメリカへ飛び立つ2年生。

2年が留守の間、すてきな先輩部員になるために星一徹ばりの「特訓」を受ける1年生。

15日に卒業式を控え、高校生へと気持ちを切り替える中3生。

と、明日からしばし、四者四様のベクトルを描く我が写真部。

風が花の香を運んでくる頃には、また新しい写真部がひとつのベクトルになってリスタートすることになるでしょう。それまではちょっとの間、栄養補給です。

| | コメント (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »