« 撮影。 | トップページ | センス »

そりゃないぜ、セニョール

Cat06

「まさかもうPモードでなんか撮ってないよね」

「はい!AVモードで撮ってます!!」

と言う1年生の写真が、妙にブレてる…。

あたりはずれがあるというか…。

ひょっとして?

その子のデータを確かめたら…全部…絞りが「9.0」

「な、な、なんで?」

その子曰く、適当に合わせてれば撮れると思ってました。とさ。

そりゃそうだけどさぁ…。

被写界深度とか考えて変えたりするとか、状況によってはシャッタースピードがやばくなるって感覚ないわけ?

ま、ないんでしょうけど。

ずっと「5.6」って子も発見!

デジカメになってから、絞り値変える前にISO感度変えるって子もいたりで、もう開いた口がふさがらないです。

どうもセンパイの中にもそんな怪しいテクを駆使する輩がいたようで、

そんなセンパイが堂々とそいつを伝授するもんだから、「新常識」が大手を振って写真部内を大行進!

押せば写る時代の写真部の顧問は大変です。

昔みたいに「本読んどいてね」で済む時代はとうに終わっていたんです。とほほ。

因果応報…すべて私がいけないんです。

怒りの写真教室緊急開催です。

|

« 撮影。 | トップページ | センス »

「日々のぼやき」カテゴリの記事

コメント

あらら(^_^;;
自分はそのときでモード変えますね。
ただのスナップならP
ボカしたかったり逆にパンフォーカスにするならAv
ブレ防止だったり、流し撮りなどのときはTv
露出が変わるのを防ぐ目的でMと言う具合に。
ちなみにキスデジ買って半年ほど、Pモードの内容がよくわからず、ずっとMモードで露出決めてた自分です笑

あ、遅れましたが写真甲子園お疲れ様です。
自分も高文祭で伊那北高校や柏南高校、新座総合技術高校の優秀賞をもらった方や坂出高校の顧問の先生など、様々な方と交流することが出来て楽しかったです。
詳しくは自分のブログに掲載してるので、時間のよろしいときに是非ご覧ください。

投稿: G芸M崎 | 2009年10月 3日 (土) 07時10分

お久しぶりです。
ま、何でも機械がやってくれる時代に生まれ育つとものごとの本質が見えにくくなるんでしょうね。ものごと原理って本当はすごくシンプルなものばかりで、そのくせ奥が深いものという気がするんですが…。不自由な時代に育った方がものごとの本質がわかって大切にするツボもわきまえられてよかったかなぁ。などとけっして負け惜しみでなく思っています。いちいちフィルムを巻き上げレバーで巻き上げて、ファインダーの中のメーターの針に、絞りを回して輪っかを合わせる(キヤノンF-1)なんてことを幾度となく繰り返していくうちに自然と覚えたことがいっぱいあったと思うんです。「押せば写る」と思っている今の人にはただただメンドーとしか映らないのでしょうけどね。
 有意義な夏を過ごされたようですね。相変わらず「CAPA」でも活躍されているようですし、部員にも紹介してます。楽しみにしてますよ。

投稿: GTT | 2009年10月 3日 (土) 21時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 撮影。 | トップページ | センス »