« 哲学。 | トップページ | 合宿 »

きっかけ

Fencing 

高校1年生の秋、何となく応募した「アサヒカメラ」に写真が載って、その時の英伸三さんのコメントがうれしくて、それがきっかけで本格的に写真をはじめることになりました。

全国的に有名な雑誌の誌上でコメントされるのって、それこそみんなの前で言われているのと同じですものね。もう、後に引けないって感じになってしまいました。

で、あとは、もう写真、写真、写真…の高校生活でした。

高校3年の冬、好きだった浅井慎平氏と榊原郁恵さんが審査員だったコンテストで選に入り、憧れの銀座キヤノンサロンに自分の写真が飾られたときはもう死んでもいいっていうぐらい幸せでした。

人生ってそんなことぐらいで大きく梶がきられるもののようです。

私の場合、迷走する青春という名の航海に一筋の光を与えてくれた灯台が写真だったかも知れません。

そんな写真との出会いがこれからの高校生にもありますように。私はほんのちょっとそのお手伝いができれば幸せです。1人でも多くの生徒にあの高3の冬の気持ちを味わわせてあげたいものです。

|

« 哲学。 | トップページ | 合宿 »

「日々のぼやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 哲学。 | トップページ | 合宿 »