« 今年も南風堂写真館オープン! | トップページ | ところ変われば… »

南風堂写真館が終わって

今年もどうにか12人のメンバーで南風堂写真館をつくることができました。昨年は900人を超える方々をお迎えできたのですが、やっぱり宣伝や集客にまで手が回らなかった影響もあってか、昨年を下回る数にとどまりました。写真展の出来としては昨年並をキープできたかと思いました(むしろ昨年よりは写真の数自体は多かったかも。)が、やっぱり3年生が多かった昨年と1年生が多い今年とではいろんな面でパワーダウンしていたのではないでしょうか。でも少ない人数でよくやれたと思いますよ。来年にご期待あれ。

さて、ここのところ数年、本当に人に気持ちのわからない生徒が増えていることを実感します。それはもう異常なくらいワガママだったり、弱かったり、自己中心的だったり…。どうしたらそんな子が育つのか…。そんなこと嘆いていたって始まらない。そういう時代なんだから。4月の勧誘の時からもうすでに「やめるかも」という目で接しなければならないある意味人間不信に陥っている自分たちが情けないですね。中学校でもクラブ加入率が低下していると聞きます。明らかに自分たちが育った環境とは違うんですよ。かつてノンポリだった人たちの子も増えているんだと思います。塾では教わらないことがあるんだけどなぁ、クラブって。北辰の偏差値にはクラブで教わったことは表れないからねぇ。ま、それも時代ということで。

ただし、クラブをやめたキミ!そんなキミにこそ本当はクラブでの日々が必要だったりするんだよ。皮肉なことだけど。大事なことを身につけずに大人になって、やがて人の親になっていくのかと思うと、オジさんはやりきれないのです。高校のクラブ活動だけがキミを育ててくれるわけではないけれど、今後はあんまり期待できないなぁ。やっぱり、今しかないと思うんだけどなぁ。てなこと言っても、今は全速力で逃げてるわけだから、聞く耳なんて持っているはずもないよな。そう、去る者は追わず。ってことですか?主義じゃないけど。

|

« 今年も南風堂写真館オープン! | トップページ | ところ変われば… »

「日々のぼやき」カテゴリの記事

コメント

全力疾走で逃げ終えて
振り返るともう高校三年
時すでに遅し
ってやつですか・・・

投稿: | 2006年9月23日 (土) 01時17分

遅いかどうかは卒業式の日までわからないでしょ。
自分で気づくかどうか、一歩踏み出せるかどうかの問題だと思います。

投稿: | 2006年9月23日 (土) 22時06分

初書き込みさせていただきます「コニ。」です。SAKAEさんのHPをうろうろしていましたらBLOGを発見したので、ちょくちょく見させていただいています。

写真館お疲れ様でした(^^)お金があるのならば行きたかったです(泣;でもすごいですね。昨年は900人のお客さん…うちの部とは比較にならないほどすごいです!かなり良い刺激になりました。

話変わって…先生のおっしゃる通り、地域によっては中学校でのクラブ加入率は減少しているように思います。そのためか部活動に対するが思い入れが最初から少ないと言う状況が見受けられます。例えば部活動の欠席連絡をしないだとか、「コンテストに応募する」っと言ったものの作品を急に出品しないだとか。また中学のころは出来なかったバイトが高校では出来るようになり、『バイト>部活』といった状況も多々あります。

写真は個人競技ではありますがこのような事体が多々起きると、周りの部員に影響があるので悩ましいところです。真面目な部員からは「なんでアイツは無断で部活を休むんだ」「俺は真面目に来てるのに」っといった苦情が出てきて、人間関係ももつれます(汗;

ですが顧問にはどうしょうも出来ないのが実状です…
それがくやしくてしかたありません。

でも…頑張る生徒は私の心の支えです。
頑張る生徒だけでも褒めて、大切に育てたい。
そんなことを思いながら今日も頑張ります。

話がまとまらないコメントになりましたが…これからますます「人の気持ちのわからない生徒」が増えると思います。難しい問題ではありますが、頑張る生徒はきっと先生の心の支えになってくれると思いますっ(^^)
またSAKAEの名前が雑誌等で拝見できることを楽しみにしていますね。長くなって申し訳ありませんでしたノシ

投稿: コニ。 | 2006年9月25日 (月) 17時45分

お久しぶりです、コニさん。
いずこにも嘆かわしい生徒の実態があるのですね。

ウチは今年の文化祭を丸々すっぽかした生徒が出てしまいました。この日のかけてきた他の部員のことを考えると、まだわけのわからない1年生のこととしても、しょうがないなぁで済ますわけにはいきませんでした。
そして昨日の日曜日、ある公立高校写真部の文化祭直前のドサクサを冷やかしに行ってきました(ってタチ悪いよな)。顧問の先生や先輩がああでもない、こうでもないと1週間後に控えた作品展の準備に手こずっているというのに、「バイトがあるんで」と消えていく1年生。先生もいささか困惑気味だったけど。
でも誰かが教えてやらなきゃならないんですよ。足を踏まれたら大げさに転げ回って痛がるような大人が必要なんです。そんな彼らに限って周りの大人が妙に物分かりがいいというか、寛容というか…。きっとだからわからないんですよ、人の痛みが。

投稿: GTT | 2006年9月26日 (火) 00時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/12839/3543570

この記事へのトラックバック一覧です: 南風堂写真館が終わって:

« 今年も南風堂写真館オープン! | トップページ | ところ変われば… »