« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月

写真甲子園2006番組のONAIR

今年の写真甲子園の様子を追った番組、「カメラと青春。初めての夏。~写真甲子園2006~」が10月1日(日)20:00からテレビ埼玉で放映されます。この番組は9月に北海道文化放送で北海道ローカルで放映の後、BSフジでオンエアされました。我がテレビ埼玉で放映が決まったことにちょっとびっくり。SAKAEは最後にほんのちょっと(ほんとにちょっと)出てきますが、内容的には柏南(千葉)が中心のようなものだから、千葉テレビが妥当だと思うんだけど…。でも埼玉も2校出ているわけだし、ま、いっか。写真甲子園の魅力が少しでも伝わればうれしいです。どうぞ見てください。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

写真甲子園本戦出場校作品展

今日が最終日の作品展。1年生にはぜひ見せておきたかったので、授業が半日なのを利用してダッシュで銀座へ。

やっぱり、あの銀座の、あのキヤノンのギャラリーに、自分の学校の名前が掲げられているところを見て、PRIDEを感じてほしかったのです。

1年生のみんなにもぜひあの熱い夏を目指してほしい。そんな願いをこめた一日。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

自己評価

ドラフト会議。ウチのエースが1位指名を受けました。よかったね、木村くん。
「指名」とか「オファー」とか、買われていたり、乞われていたりのイメージがあってうらやましいですね。誰かが自分の力を認めてくれているって光栄なことですよね。
一方の私、「キミの力が必要なんだ!」って言っても結局クラブをやめられちゃったショックをまだすこし引きずっていたりします。でも、周りが言うほど自分の力を自分ではそう大したものではないように思えるのはごく普通のこと。そんな子に限って、妙なところに自信があったりして…、むしろそっちの方が独りよがりで周りの評価を得ていなかったりするんですけどね。そういう子、どうしたらいいんでしょ。自分のことは自分がよく知ってる、なんてのは9割方ウソでしょ。だって自己評価だけでは世の中成り立っていないじゃない。信じられるのは自分だけっていうような人生はさびしい。絶対にさびしい。いいじゃない他人のほめ言葉に一時でも有頂天になったって。それで調子に乗って、持てる力以上のものができたりすることだってあるんだから。超現実主義に夢はないね。最近の子たちにがっかりさせられる共通点はそこです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ところ変われば…

川口青陵高校は今週末が文化祭。準備に追われる青陵にちょっとお邪魔してきました。(ホントに邪魔してきたのかも?)

今日もまた新たなる発見や情報を入手。自作パネルの作り方やタイトルづけからパンフ作製に至るまでの流れとかリャンメンテープの安いお店の情報とか…。でも一番の衝撃は…、顧問の性格の違いを再認識させられたこと。ほんの少しでも真似できたら南風堂にももっと余裕ができるのにね。南風堂のみなさん、来年はもっと楽かもよぉ!オジさんに期待せよ!

「こんな大変な時期に中を見せてもらって大変勉強になりました。青木先生ありがとうございました。」南風堂主人より。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南風堂写真館が終わって

今年もどうにか12人のメンバーで南風堂写真館をつくることができました。昨年は900人を超える方々をお迎えできたのですが、やっぱり宣伝や集客にまで手が回らなかった影響もあってか、昨年を下回る数にとどまりました。写真展の出来としては昨年並をキープできたかと思いました(むしろ昨年よりは写真の数自体は多かったかも。)が、やっぱり3年生が多かった昨年と1年生が多い今年とではいろんな面でパワーダウンしていたのではないでしょうか。でも少ない人数でよくやれたと思いますよ。来年にご期待あれ。

さて、ここのところ数年、本当に人に気持ちのわからない生徒が増えていることを実感します。それはもう異常なくらいワガママだったり、弱かったり、自己中心的だったり…。どうしたらそんな子が育つのか…。そんなこと嘆いていたって始まらない。そういう時代なんだから。4月の勧誘の時からもうすでに「やめるかも」という目で接しなければならないある意味人間不信に陥っている自分たちが情けないですね。中学校でもクラブ加入率が低下していると聞きます。明らかに自分たちが育った環境とは違うんですよ。かつてノンポリだった人たちの子も増えているんだと思います。塾では教わらないことがあるんだけどなぁ、クラブって。北辰の偏差値にはクラブで教わったことは表れないからねぇ。ま、それも時代ということで。

ただし、クラブをやめたキミ!そんなキミにこそ本当はクラブでの日々が必要だったりするんだよ。皮肉なことだけど。大事なことを身につけずに大人になって、やがて人の親になっていくのかと思うと、オジさんはやりきれないのです。高校のクラブ活動だけがキミを育ててくれるわけではないけれど、今後はあんまり期待できないなぁ。やっぱり、今しかないと思うんだけどなぁ。てなこと言っても、今は全速力で逃げてるわけだから、聞く耳なんて持っているはずもないよな。そう、去る者は追わず。ってことですか?主義じゃないけど。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

今年も南風堂写真館オープン!

直前まですったもんだがあったりで、心配なことが多かったけれど、なんとか今年も南風堂写真館のオープンにこぎつけました。

今年は、3年生が10人もいた昨年とは正直なところパワーダウンは否めないのは事実なんでしょうが、それなりに新鮮な感じでできあがりました。

それが今年のウリですね。お時間があったら、どうぞ足をお運びください。

「AKIBA HOLIC」炸裂してます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

文化祭目前

今年の「南風堂」の主力は1年生。

実力的には3年生にまだまだ一日の長がありますが、今年の「南風堂写真館」はとにかく1年生ががんばっています。

夏合宿からここまで、写真部員としての自覚もちょっとずつ見えてきましたし、文化祭が終わったら自信もつくはずです。

「鉄は熱いうちに打て」といいますが、「南風堂写真館」への取り組みでカンカンに熱くなってくれることを期待しているの顧問なのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »